2006年02月08日

一緒におねむ

タイトルにちなんで、まずはこんな写真からカメラ
060207_2050~0001.jpg

左がハナで、右がミミです黒ハート
寝てる姿を撮ろうとして、ケージの扉を開けたら、ハナに気づかれました〜顔(汗)
でも目が虚ろ…眠い(睡眠)
ミミはまったく起きないぞたらーっ(汗)
つんつんしても、目すら開けないのね眠い(睡眠)眠い(睡眠)

さて今回はハナの話。
↓こちらの方です↓
060207_2053~0001.jpg

ケージ前でおすましぴかぴか(新しい)
この人、最近朝帰りが多いのよ(笑)
だいたいいつも、21時過ぎにケージから出して自由に遊ばせるんだけど、ベッドの下にもぐると帰ってこないのね顔(え〜ん)
そこで寝ちゃうのたらーっ(汗)
私のベッドの下はミラクルゾーンなので(物いっぱい)、中に入られてしまうとなかなか出せないのよ顔(汗)
もともと巣穴で暮らすプレーリー、ちょっとした野生気分を味わっているのかしらexclamation&question

で、私もそのまま寝ちゃうんだけど、明け方になるとハナは下から出てくるのね。
部屋真っ暗な中、ベッドの上に飛び乗って、布団の中に入ってくるのだ顔(メロメロ)
私は大抵横を向いて寝るんだけど、気づくとハナが私の腕枕で寝ているのよ(笑)

幸せなひととき黒ハート黒ハート黒ハート
ただね、起きようと思っても、腕の中で熟睡してるハナを見てしまうと
「うぅ…もう少し寝かせてあげたい時計
と二度寝してしまうのね。
そして、飼い主はギリギリに起き、飲まず食わずで出勤するハメになるのであったもうやだ〜(悲しい顔)
まぁ、会社でパクパク食べてるんだけどさ喫茶店

そんなわけで、最近一人で寝ることが多いミミさんですカメラ
060207_2054~0001.jpg



ニックネーム あや at 16:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は鳥の話。

仕事中、HPを見ていたら(←だめじゃん・笑)こんな記事発見exclamation×2

「文鳥が英語と中国語を聞き分ける」

なんだそりゃ〜小鳥小鳥小鳥

なんでも、慶応大学の教授らが行った実験で確認されたらしい。
内容は、

@「源氏物語」、「吾輩は猫である」をそれぞれの言語で録音。
A止まり木に乗ると、英語の録音が流れ、エサが食べられるように訓練。
Bその後、英語・中国語をランダムに流し、英語が流れた直後に止まり木に乗った時だけ食べられるようにしたらしい。

で、英語を聞いて止まり木に移った時と、中国語を聞いても移らなかった時を「正解」とみなしたところ、75%の正解率だったとのこと。

75%が高いのか低いのかよくわかんないけどさ(笑)
別の文鳥で、中国語が流れた時だけ食べられるように実験しても同じ結果が出たんだって〜ぴかぴか(新しい)


鳥も頭がいいって事で、今日の写真はうちの白文鳥のれぼきち君小鳥小鳥小鳥
060206_2116~0001.jpg

ちょっと写真暗いけどたらーっ(汗)
れぼきち君は生後2ヶ月位でやってきた子です。
始めて来た日、私が家に帰ったら、部屋を飛び回って家族が必死に捕まえようとしていましたわダッシュ(走り出すさま)
2ヵ月だともう立派に飛べちゃうからねぇ小鳥
もらったんだけど、人馴れしてないしもうやだ〜(悲しい顔)
たまに手を近づけると乗ってくれたりはするけどね。
ちなみに、私はかれこれ8年近くエサをあげているのに、毎日エサ交換時に威嚇されますあせあせ(飛び散る汗)
なんでだ、れぼきちよ・・・たらーっ(汗)
ちょっとタカビーなところも文鳥らしくていいんだけどね。
ニックネーム あや at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする